• ARON

春色!!

ARON 松岡です!


増産マスク、なぜ買えない?

新型コロナ、在庫速報サイトも登場


4月に入っても、新型コロナウイルスの

感染拡大に伴う全国的なマスク不足が解消されていない。

国内メーカーがそろって増産し、

大手家電メーカーまで生産に参入する中、

どうしてマスクはいまだに「買えない」のか。


経済産業省によると、

国内メーカーは24時間態勢で通常の3倍の増産を継続。

3月は中国などからの輸入を含め

6億枚超の供給量を確保し、4月は7億枚超の供給を見込む。

異業種のシャープも参入し、

液晶ディスプレー工場のクリーンルームを使って1日約15万枚を国内生産している。

一時横行した転売目的の買い占めは

政府の規制で鳴りを潜め、ウイルス拡大で急減した輸入も順次回復。

全国マスク工業会によると、店舗への入荷頻度も増えているという。

それでも店頭でマスクを見掛けない最大の理由は、

際限のない需要増大だ。

店舗に朝から行列ができる風景も珍しくなく、

「売り場に置くと瞬間的に売り切れる」状況が続く。


生産・輸入されたマスクの全てが店頭に並ばないという事情もある。

厚生労働省マスク等物資対策班の担当者は、

「医療機関や高齢者向け施設、公共交通機関などマスクを優先的に必要としている所が多く、店頭販売に回るマスクは限られてしまう」

と説明。近く政府が全世帯に配る布マスクの活用を呼び掛けている。


平時より高額なものの、「楽天市場」などの通販サイトでは、

マスクの予約販売を受け付ける店舗も出てきている。

在庫を1枚当たりの価格で安い順に表示する「在庫速報.COM」というサイトも登場。

3日時点では、

4月中旬発送で1枚50~70円程度が「相場」となっている。』


4月になり、

お客様のご要望もだんだん春色に!


ここ最近染めたお客様の写真です!



それぞれお客様のご要望にそって、

ご提案させて頂いてます!!


・左上のお客様

全体的な色味は暗くして、

ハイライトを入れて色味の強弱をつけました!

明るく見えるのは、ハイライトがあるからです。隙間から見える

暗い部分がベースの色味になります。


・右上のお客様

色味は10レベルの明るさ!

シフォンベージュのカラーリング!

ベージュでもくすみ過ぎないように

染めて見ました。


・左下のお客様

1年前にハイライトを入れて

毛先にグラデーションが出るように染めました。

今は髪の毛のリセットと、今後の予定があるので

それまで、生かせそうな部分を使って見ました。


・右下のお客様

キャロットピンクに

オレンジが強過ぎてしまうのが嫌だったので、

ピンクを混ぜてオレンジ味を

柔らかくして見ました!!



春色は

まだまだたくさんあります!!

やりたいカラーリングが無い時は、

ご相談ください。



19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示