• ARON

40代・50代は頭皮が‼︎



ARON松岡です!!!


真夏に比べて、汗をかく日が少なくなっても、気をつけたいのが「頭皮の臭い」です。

自分では気づきにくく、近くにいる他人の方が気づきやすいものですし、若い頃と違って、特に40・50代は特に注意が必要です!!


今回は、「匂いの原因」「洗い方」をUPしていきます!!





▼頭皮の臭いの原因


毎日シャンプーをしていても、日々の生活の慌ただしさなどできちんと洗えていなかったり、すすぎが足りなかったりして、頭皮の毛穴にはシャンプーで取り切れない汚れ、シャンプーの残りカスが残りがちです。


さらに、髪が濡れたまま寝たり、生乾きのままでいたりすることで、頭皮で細菌が繁殖して汚れを餌にして、臭いを発生してします。

また、40・50代は更年期などの影響もあり、ホルモンバランスが崩れやすく、汗の量や臭いが変化してきます。

そのため、若い頃より頭皮が臭いやすくなってしまいます。



▼シャンプーのNG行動と改善



・シャンプー剤の量が適切ではない


シャンプー剤の使用量は、約500円玉ぐらいです。

ロングや毛量が多い人は、その倍量が適量です。

しっかり髪を根元から濡らし、シャンプー剤をよく泡立てて洗いましょう。


また、最初のプレシャンプー(お湯で流すこと)をしっかり行うことで、シャンプー前に落とせる汚れは約7割落ちます。

プレシャンプーは、今の倍行っての7割です。



・頭皮をちゃんとこすっていない


泡で髪の表面だけをこすっても、地肌の汚れは落ちません。

しっかり頭皮に指で触れて、指の腹でしっかりと洗いましょう。



・すすぎが足りない


自分ではちゃんとすすいでいるつもりでも、しっかり流せていない場合が多いです。

泡が落ちても、シャンプー剤の成分残り過ぎていることが多いです。

また、耳の後ろ、襟足、前髪など、際の部分が流せていない事が多いです。



他に気になる点がありましたら、ご来店の際ぜひご相談してください!!

お客様一人一人のお悩みを聞いて対応させて頂きます。




10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示