• ARON

白髪が気にならない髪色は!?



ARON松岡です!!





ヘアカラー の多様化が進む中、特に多いお悩みとして『白髪染め』です。


白髪染めをしても、またすぐに白い毛が生えてきて目立ち出すのが「白髪」の厄介な点。

染めるからには、若々しく美しい髪色を少しでも長くキープしたいものです。

「白髪が目立たない髪色」や「白髪染めでもおしゃれ見えする方法」など、白髪に対して気になることは多いですよね。

今回、白髪染めのオーダーについてご紹介していきます。




▽暗めカラーの白髪染めの利点


最近は、白髪染めカラーも明るい色が増えてきましたが、一般的に白髪においてはダークなカラーの方が染まりやすいといわれています。

これは、暗い色の方が明るい色に比べて染料が多いので白髪に色素が入りやすく、色もちも長期間キープできるからです。

また、本来の白髪染めの役割は“健康な黒い髪に白髪を馴染ませる”ことです。

そのため、基本的に暗い色味のバリエーションが多いのが特徴です。


・暗めカラーの白髪染めの欠点

上記のように、染まりやすく色抜けがしにくいのが暗めカラーの利点ですが、デメリットとして、見た目の不自然さを気にする方が多くいます。

これは、色素の印象が強いことで仕上がりがベタッと平面的に見えることが原因として考えられます。

今っぽい「“抜け感”」がほとんどないことで、ナチュラル感のない重く古臭い印象に見えやすいのです。

また、ブラックなどの暗い白髪染めは、新しく生えてきた白髪とのコントラストが目立つため、新生毛の白髪がより悪目立ちしやすいというデメリットもあります。



▽白髪が目立たず、抜け感も出やすい色とは?


最近は、白髪染め世代でもほんのり明るい色を好む人は増えています。

真っ黒な髪色より、やや明るさがある方がカジュアルなファッションにも合いますし、肌も明るく若々しい印象を与えます。

ですが、明るすぎる色は白髪が染まりにくいという欠点があります。



・暖色系カラーがおすすめ

おすすめは、暖色系カラーです。

暖色系とは赤みのあるカラーのことで、ブラウンをベースにレッド系、オレンジ系、ピンク系などのカラーを混ぜたような、ほんのり赤みを帯びたやさしい色味です。

白髪のある髪でもきれいに色が入りやすいです。

暖色系は「マット」や「アッシュ」などの寒色系カラーに比べて白髪が染まりやすく、色もちも期待できます。

また、髪全体にツヤ感を与えるので、繰り返しの白髪染めによってダメージ感が見える髪でも、ギラつきにくく落ち着いた質感に見えやすいのが特徴です。



・抜け感が出るベージュ系もおすすめ

暖色系に比べ、染まりは劣りまあすが白髪染めの不自然な染まりや、独特な赤みが出てくる暖色系などに比べ、とにかく「透明感」が出ます。

ファッションカラーに近い感じで染まるので白髪染めっぽさを解消できます。

また、「マット」「アッシュ」などの寒色系の色味を混ぜてもGOOD!!

ですが、「透明感」を出すことは、お客様の現状の髪色によって出来る、出来ないがありますのでご相談してください。


▽ハイライトもおすすめ


暖色系とは別に、もうひとつおすすめの白髪対策カラーが「ハイライト」です。

細かい毛束を筋状にとり、その部分のみかなり明るい髪色に染めあげていきます。

これをいくつも作ることで、染めた部分はブロンドのように明るくなり、染めない部分は暗くなるので髪が単色に見えず、白髪が生えてきてもほとんど目立たなくなります。

そのため、「白髪を染める回数が一気に減った」と感じる人が多いのが特徴です。

ただし、ハイライト部分は一度ブリーチをする必要があるため、髪のダメージが深刻な場合はあまりおすすめできません。



閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示