• ARON

忙しい方にも!

ARON 松岡です!


アベノマスク届くも

 「小さく鼻出る」「意味ある?」



『安倍首相が、新型コロナウイルス対策として

全世帯に2枚ずつ配るとしている布製マスク。

全国の施設などに、先行して届き始めていることが14日、

日刊スポーツの取材で分かった。

受け取った介護施設の関係者によると、マスクはやや小さめ。

「配布されるなら使い捨てを」と、

切実な声も漏れた。

配送などの経費を含めると、約466億円が見積もられている「アベノマスク」。

これから実際に受け取る国民は、どんな感想を持つのだろう。


間もなく、国民に届けられる布製「アベノマスク」。

それに先駆けて、厚労省から配布された布製マスクが、

全国の介護施設などに届き始めている。

九州地方にある認知症の高齢者が居住する施設の関係者は14日、

日刊スポーツの電話取材に、

マスクを今月初めに受け取ったと明かした。

職員らが着用したところ、

今回の布製マスクは、安倍首相が

当初使用していたものと同じタイプで、サイズが小さめだという。


介護施設の業務では、

難聴の入居者に耳元まで顔を近づけて声をかけるなど、間近で話す機会が多い。

換気を徹底しても、

室内であるため密閉や密集、密接の「3密」は避けられない。

外部からの感染を防止するため、家族らの面会も制限。

普段から感染防止策を徹底しているものの、

重症化しやすいといわれている高齢者には、顔を覆うことができるマスクは必須だ。


この施設では現在、使い捨ての不織布マスクを使用している。

入手困難な状況から、

洗浄して「2回は使っている」。

不織布マスクも再利用せざるを得ないのが現状だ。

職員は、排せつ介助などを行うことから、

衛生面でも布マスクには不安があるためだ。

管理者の女性は「(配布されるなら)できれば使い捨てがいい」と話した。

今回、配布された布マスクを使用している職員はまだいないという。


別の施設の職員は、

業者から優先的にマスクを提供してもらえているとしながらも

「今後、確保できるかはわからない。布マスクは(感染防止に)意味があるのかな」

と、不安を口にした。

布製マスクに対するさまざまな感想は、

間もなく全国民が持つことになりそうだ。』


国民に配る前に国会議員が

実際に使うべきだと思います!

政府関係者、官僚ら全員が布マスク着用していないのはなぜ??



新規の男性のお客様!



なかなか仕事の休みがなく

働きずめ!!

本日もお仕事終わりにご来店くださいました!


2ヶ月前にカットをして、

刈り上げの部分も伸びきっていました。


全体的にスッキリとさせましたが、

表面の髪の毛は長めに!

いつもソフトモヒカンっぽくしているそうなので

少しイメージチェンジしてみました!


カラーリングもしたいそうなので

次回はカット、カラーで考えておきます!!


なかなかお時間作りづらいと思いますが、

ARONは最終受付19時までしております!(カットのみ)


また次回もお待ちしております。


ありがとうございました。


18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示