top of page
  • 執筆者の写真ARON

夏のサンダル“問題”



ARON 松岡です。




夏になると、サンダルを履く機会が増えてくるものです。

足元をおしゃれに飾ることができ、通気性もいいはずなのに、なぜか足のニオイが気になるという問題が起こってしまう。。。


夏でもしっかり角質ケアをすることが重要です。


▲ニオイの原因とは?


足のニオイの原因は、主に「汗」と「菌」。

特に、足の裏は汗腺が集中しているため、ニオイが発生しやすい部位です。

その上、サンダルは汗が吸収されずに蒸れやすく、さらにニオイを発生させやすい。

ただ、実は汗そのものにニオイはありません。


そこの雑菌が繁殖し汗と混ざり合うことでニオイが発するため、その元となるところからしっかりケアすることが必要となります。


夏は汗をかくとともに、ニオイの元となる皮表細菌が増えやすくなり、擦れることでかかとの角質が増殖し、これによっても皮表細菌は増えてしまいます。


▲足のニオイ対策は「角質ケア」がものを言う


1.専用のソープで洗う(殺菌・消毒できるもの)

2.足の爪を伸ばしっぱなしにしない。

3.角質ケアができる保湿ジェルなどで、足裏の保湿を行う

4.裸足で過ごす時間を増やす

5.フットバスを行う

6.足のニオイ専用のデオドラント剤を塗る

7.ストレス、疲労によって自律神経が乱れ汗をかきやすくなるため、日頃からストレスケアの時間を取る


などです。

1つでもいいので試してみてください!!

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page