• ARON

全国ではどっちは??



ARON松岡です!



今日は、こんな記事を見つけたので、ご紹介していきます。



『コーヒーVS紅茶!!』



気になりませんか?

全国ではどちらが人気なのか?

では、早速ご紹介していきます!!


眠気覚ましの一杯に、あるいは午後の休憩時間のお供に、「コーヒーや紅茶」を飲むという人も多いだろう。

いわゆる「嗜好品」だが、もはや日常生活には必要不可欠だという人もいるかもしれない。

みなさんは、どちらがより好みだろうか?


香ばしい香りと、ほろ苦くもすっきりとした味わいが特徴のコーヒー。


だが、香りでいえば紅茶だって負けていない。


コーヒーが「デキる大人」っぽい飲み物だとすれば、さしずめ紅茶は「優雅な紳士淑女」っぽい飲み物という印象ではないだろうか。


どちらにもそれぞれの良さがあるが、多くの人が、強いて言えばどちらのほうが好きなのか、気になるところだ。


Jタウンネットでは、 2019年6月4日から2021年3月15日の期間、「コーヒーと紅茶、どっちが好き?」というテーマで都道府県別に投票を募った。



全体的にコーヒー優勢だけど...


全体の結果ではコーヒー派が54.6%、紅茶派が45.4%で、接戦ながらもコーヒー派が過半数の票を獲得した。


北海道では、コーヒー派が73.1%で優勢。


次に東北地方。

コーヒー派は、岩手県(75.0%)・山形県(66.7%)の3地域。

青森県(66.7%)・宮城県(66.7%)・秋田県(60.0%)・福島県(60.0%)の4地域では紅茶派が優勢だ。


次に関東地方。

コーヒー派は、茨城県(60.0%)・埼玉県(55.0%)・東京都(52.7%)・神奈川県(51.1%)の4地域。

紅茶派が優勢だったのは栃木県(54.5%)・千葉県(52.6%)の2地域。


中部地方。

コーヒー派は、新潟県(64.3%)・富山県(83.3%)・石川県(60.7%)・福井県(66.7%)・山梨県(66.7%)・岐阜県(80.0%)の6地域。

紅茶派は長野県(80.0%)・静岡県(57.1%)・愛知県(51.4%)の3地域。


近畿地方。

コーヒー派は、三重県(90.0%)・滋賀県(72.7%)・京都府(72.7%)・大阪府(55.7%)・奈良県(62.5%)・和歌山県(75.0%)の6地域。

コーヒー派が7割以上を占める地域が多い印象だ。

紅茶派が多かったのは兵庫県(55.6%)の1県のみ。


中国地方。

ここでは一転して、紅茶派が盛り返す結果になった。

岡山県(61.5%)・広島県(66.7%)・山口県(75.0%)で紅茶派が優勢。

コーヒー派が優勢だったのは鳥取県(80.0%)だけだ。


四国地方。

香川県(100%)・愛媛県(80.0%)でコーヒー派

徳島県(100%)・高知県(100%)で紅茶派が優勢


九州・沖縄地方。

佐賀県(66.7%)・長崎県(100%)・熊本県(100%)・大分県(66.7%)・宮崎県(100%)の5地域でコーヒー派

紅茶派が多かったのは鹿児島県(100%)・沖縄県(75.0%)の2地域だった。


地域全体としてはコーヒー派55.6%、紅茶派44.4%。ややコーヒー派が多めという感じだ。



いかがでしたか?

また、面白そうな記事がありましたら、ご紹介していきます!!

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あれから10年!

ARON松岡です!! 本日(2021/03/11)は、『東日本大震災』から10年の節目になります! 先日の大きな地震で、あの時の記憶が蘇った方も多かったのではありませんか? 本日のみですが、 「Yahoo! JAPAN」や「LINE」で、同日中に『3.11』と検索すると、1人につき10円が復興支援のための取り組みに寄付される企画を行なっています! 対象期間は、【2021年3月11日0時00分から2