• ARON

ニワトリの動きをマネて!!



ARON松岡です!!



最近よく聞くようになった「ストレートネック!」

悪い姿勢でのスマホの見すぎなどが理由で、本来は少しカーブしている頸椎(首の骨)がまっすぐになってしまう現代病が『ストレートネック』です。

ここ最近、増加傾向にあります。




ストレートネックになると頭の重さが適切に分散されず、首への負担が大きくなります。

こうして首や肩のこりが発生しています!


さらに、近年このストレートネックがマスク習慣によりさらに悪化し、後頭部の痛みを引き起こしているそうです。



その仕組みは、次のとおりだ。


マスク着用によって表情筋を動かす機会は減少します。

さらにマスクのゴムひもで両耳が長時間固定されているため、顔周り、とくにこめかみやあごの筋肉がこり固まっています。

顔周りと首の筋肉はつながっているため、ストレートネックにより負担がかかっている首の筋肉はさらに動かしづらくなります。

その結果、首や肩周辺の筋肉が過度に緊張し、血流が停滞。

そこにたまった乳酸や老廃物が神経を刺激して「マスク頭痛」を引き起こしているそうです!!



頭を正しい位置に戻す体操をご紹介していきます!!



・ニワトリ体操


① 背筋を伸ばして立ち、上体を動かさずに顔をできるだけ前に突き出す。 ② ①の姿勢から、10秒かけて頭を正しい位置(横から見て耳と肩が一直線)に戻す。 〈NG〉あごだけを引かないよう注意。頭全体を水平に移動させる。



この体操は、頭を正しいポジションに戻して、首周辺の筋肉の緊張を解放するのが目的です。

頭の正しい位置は、横から見たときに、耳と肩が一直線になっている状態。

あごや肩が前に出ていないことも重要です。

朝昼晩に行うのが基本ですが、待ち時間や、鏡で自分の姿を見たときなど、気づいたときにぜひやってほしいエクササイズです。

深い呼吸を意識して、体をゆっくり動かすことがポイント。


ぜひ、お試しください!!


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示