• ARON

【心理テスト】非常口はどこにある?


ARON 松岡です!!


何ごとも計画通りにいくとは限りません。

むしろ、途中で行き詰まったり、頓挫したりしてしまうことのほうが多いなではないでしょうか?

そんなとき、あなたはどうしますか?

心理テストで探ってみましょう。


【質問】


非常口を思い浮かべてください。

それは次のうちどの建物にあるものでしたか?



A:コンサートホール B:駅 C:イベント会場 D:オフィスビル



【診断できること】

「計画が行き詰まったときの行動」非常口は安全な場所への脱出を示し、計画が行き詰まったときの解決手段をあらわします。

どの建物にあったかによって、計画が行き詰まったとき、あなたがどういう行動をとりやすいかがわかります。



■A:コンサートホール……人の意見に耳を傾ける 音楽が鳴り響くコンサートホールを選んだあなた。

計画が行き詰まってしまったら、広く意見を募って、反省点、打開策を見つけようとするでしょう。

意見を交わす中で、改善点が見つかればすぐに実行し、継続することに否定的な意見が多ければ諦めます。

素直にアドバイスを受け入れるため、リスクを避けて、最善の手を見つけられるのです。


■B:駅……白紙に戻してから始める 出発地となる駅。

これを選んだあなたは、計画に行き詰まってしまったら、一度白紙に戻すタイプです。

どこで間違えたか、なぜ失敗してしまったのかと原因を探るよりも、方向性が間違っていたと考え、今までと違う手順で一から始めることでしょう。

計画自体の見直しをすることもあるかもしれませんが、やめてしまうということは考えません。


■C:イベント会場……それでも前に進んでいく さまざまな催しが開催されるイベント会場。

これを選んだあなたは、計画が行き詰まっても前に進んでいくタイプ。

問題点には柔軟に対応し、ダメだと思ったら軌道修正しながら、たとえそれで無理が出てしまったとしても、一度始めた計画を諦めることはしません。

最終的にボロボロになることがわかっていても、足を止めることはないでしょう。


■D:オフィスビル……協力者や仲間を増やす 多くの会社が入っていて、働くオフィスビル。

これを選んだあなたは、計画が行き詰りの原因をマンパワー不足と考え、人員を増やすことで打開しようとします。

必要な人材をスカウトしていくことが第一ですが、見つからなければ、質より数で勝負しようと、とにかく人をかき集めます。

人こそが力と思っているタイプでしょう。



計画がダメになったとき、諦めるのも1つの対応策といえるでしょう。

大切なのは、そこで何を学び、次にどう活かすかです。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示