• ARON

「アメリカ版振り込め詐欺」が横行

最終更新: 2020年7月11日

ARON 松岡です!!


今現在、色々な給付金、助成金など

手続きが行われていると思います。

そんな中、

新型コロナによる失業者を狙う

詐欺が起きているみたいです。



世界一の新型コロナウイルス罹患者数を抱えてしまったアメリカでは、残念ながら、失業保険をめぐる電話詐欺が横行している。

アメリカのほとんどの州が外出禁止令を出し、たくさんの仕事が失われ、失業者が出たため、失業保険を得て家計を支える家庭がうなぎ上りに増えている。

そこを詐欺集団が狙っている。

リーマンショックのときは、夫が失職しても妻が仕事を持っているというケースが多かったので、家計がゼロになるということはあまりなかった。

しかし、今回は夫婦ともに職を失っているケースが多く、失業保険をもらわないと、日々の生活もままならない状況だ。



*アメリカ版の振り込め詐欺

そんななか、その失業保険を狙う電話詐欺が増えている。

まず、見知らぬ人間から電話がかかってきて、失業保険の事務所を騙り、手続きに不備があるなどとして、

ソーシャルセキュリティーナンバー(日本でいうマイナンバー)

を訊いてくる。

そして、その情報を利用して、本人になりすまし失業保険を得てしまう。

アメリカ版の振り込め詐欺と言って差支えがない。

一方、完全に振り込め詐欺という手口もある。電話で

「手続きに長くかかっているが、いますぐ手数料を振り込んでくれたら、すぐに失業保険を払える」

などと嘘を言ってカネを騙し取るのだ。

なぜこんな簡単な手口の詐欺に引っかかるのだろうと思う人もいるだろうが、振り込め詐欺とは本来そういう弱者の心理につけ込むものだから、失業して困っている世帯にとってみれば、普段は相手にもしないそんな電話にもつい引っかかってしまうのだ。

また、少し手の込んだ詐欺としては、電話で聞き出した個人情報でクレジットカードを、自分の住所で新規発行し、このカードで大量の買い物をするという詐欺もある。

このような場合は、法的には、被害者にそのカードでの買い物に対して支払い義務はない。


しかし、金融機関の個人信用データベースが、詐欺集団にすっかり荒らされてしまっているので、修復にかかる数カ月間、生活に困窮する人たちが新たにローンを利用することができなくなって、コロナショックを乗り切るということができなくなるという実害が発生している。

この3カ月ですでに3000件を超える失業保険詐欺の申し立てが、ラスベガス市当局に寄せられているという。


政府は複数の本人確認方法をもって職を失った人たちに失業保険を支給しているが、振り込め詐欺の集団は、すでにそれを上回る個人データを持っている場合があり、なりすまし受給は技術的に可能なので気をつけて欲しいと注意喚起している。

ネバダ州では4人に1人が失業


問題は、この失業者の圧倒的なボリュームだ。

罹患者の急増で医療崩壊の危機が報じられる一方、失業保険の支給もすでに行政崩壊を起こし、給付は遅延に遅延を重ねている。 2020年に入ってからのたった4カ月で、ネバダ州全体ではすでに27万件もの新規失業保険請求が申し込まれている。

これは、2018年と2019年の総合申込数を足したものよりも多く、州全体の労働者数が140万人であることを考えると、すでに20%の失業率となっている。

これに、コロナショック以前にあった失業者数を加味すると、いまやネバダ州は4人に1人が失業してしまったことになる。

外出禁止が招くトラブル


トランプ大統領が宣言した全国民現金支援給付が始まり、確定申告で還付金振り込み用に指定した預金口座に一斉に現金が入金されている。

しかし、預金口座を税務署に登録してない人や、確定申告をしたことのない人、引っ越しをした人などは、新たに手続きを踏まねばならず、ここにも前述したものと同様の詐欺が横行している。


失業した家庭では、家賃が払えなくなり、親元に家族ごと逃げ込むという状況がよく聞かれるようになった。

シニア世帯しか住んでなかったコミュニティに、いきなり中年、青少年、幼児などが親を頼って引っ越してきて、道路には長期駐車するクルマがあふれ、騒々しくなったというクレームも出てきた。


昼間は職場にいたはずの配偶者が家にいることによって、夫婦関係が悪くなったり、そこに義理の両親との関係も加わったり、また学校に行けなくなった子供が家で勉強しようにも、

家の中で居場所がなく、出てはいけない外に出て遊んで、トラブルを生んでいる。

外出禁止令が出てからまだ1カ月余りを過ぎたところなので、人々はそれぞれ我慢しているが、確実にストレスのレベルは上がってきている。

わが家の犬も、見知らぬ犬と、見知らぬ散歩者に吠えまくっている。

人々は、そろそろ外出禁止令に疲れを見せ始め、変化を見せているコミュニティにおける付き合い方に戸惑っている。

日本でも同様に詐欺が

今現在、起きていると思います!

多くの方に色々な手口を知って頂きたいので

ブログに載せました!


まずは、信用せず、

確認してから対応してください!!

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示